PR
投稿者 : soulbird 投稿日時: 2012-07-08 21:11:23 (1161 ヒット)

 フライドソウルメンバー

写真:左からソウルターキー、ソウルバード、ソウルテンポ、ソウルガレット、ソウルゴッチ

久々のライブハウスでのライブ、楽しくライブできました

七夕ということで、メンバー全員アロハシャツ+麦わら帽子で揃えてみました。良い見栄えです!

 


投稿者 : soulgotti 投稿日時: 2012-07-01 02:50:01 (876 ヒット)

シリーズコラム

SOULGOTTiの。。。

「この曲はこう聞け!」

#001「Isn't she lovely~可愛いアイシャ」; Stevie Wonder

 

こんにちは、SOULGOTTiです。 ここらで少し、僕も音楽的な話題をこのサイトにと思いまして。自分の中でベストと 思う作品を中心に、コラムを書こうという訳です。まぁ、できるだけ定期的に書 こうと思っていますので、コメントなんかも色々寄せてくださいね!内容的には、 結構適当な曲のストーリーや、勝手な解釈はあると思いますが、「この曲のここを 聞いてほしい」という思いを汲み取って頂ければといったところです。

 

 さて、今回の題材Stevie Wonderの「Isn't she lovely~可愛いアイシャ」ですが、 この曲はスティービーの娘さんが生まれたときの曲だったと思います。云わずと知 られたR&B、SOULの超名曲です。曲全体のキャッチーにして心地良いメロディとビー ト、そして曲中で印象的なスティービーのハープ(ハーモニカ)は、聞いた人の耳か らスッと入り記憶として何か鮮明な色を残します。当然この曲は商業的にも大ヒット し、今でも様々なメディアで使用、紹介され続けています。しかしながら、メディア でフルコーラス使われることはあまりなく、意外にこの曲の本当の素晴しさ、芸術 性は、なかなか現在の若い世代には伝わっていないかもしれません。

 

#001の今回 は、僕の感じたこの曲の素晴しさを幾つか紹介します。 まず、この曲の作曲においてスティービーは、感情をストレート且つシンプルに表現 しています。歌詞はとても単純で、子供に対する思いを短いセンテンスで組み立てて います。曲の構成も印象的なAメロと少しマイナーになるBメロを繰り返します。曲中には子供と触れ合うシーン等も入ります。クリエイションとしてはとても単純ですが、何の躊躇もなくストレートに作品を表現していますが、そこに彼の子供と奥さんに対する愛情と父 親となった感情が見事に表現されています。 娘と奥さんに対しての愛情は、歌詞で明快に伝わります。そして音が、父親となった 彼の感情を表しています。特にBメロは、盲目である彼の不安や、父親となる覚悟を 表している様に思います。

 

 そして、この曲において、僕が最も重要で素晴しい要素と考えるのがスティービーの ハープです。このハープには彼の言葉にならない思いが、ギュっと詰まっています。 そしてそのハープの音色は曲終盤にこれでもかと言うくらいに、くり返しくり返し流 れます。そしてそのメロディーは軽快で嬉しげでありながら、どこか少し悲しげと言 うか不安げな感じがします。通常の曲構成からすれば、ちょっとしつこいほどにくり 返されるこのハープのメロディーは、この曲中において最も重要で、最も美しい表現 だと僕は思います。なによりも、ここに芸術性を感じるのは、この曲の終わり方が フェードアウトではなく、キッチリと終わるところです。レコーディングに参加した ミュージシャンが彼の思いを汲み取り、その通常より少し長いエンディングをしっか りと仕上げ上げています。

 

 少し大人になってから、車のステレオからこの曲が掛かり、曲が終わったとき、僕は 心地の良い涙を流していました。スティービーの想いが伝わったような、音楽はこう あるべきだと叱られたような。また、数年後、自分も父親となった後、この曲を聴い てもう少し深くこの曲が理解できたような気もします。

 

 想いを載せる。常にそんなことを思いながら、音楽を続けていけたらいいなと思いま す。他にも色々と、お気に入りの曲を紹介していきたいと思います。

 

では、今回はこ のへんで!

Songs in the Key of Life / Stevie Wonder


投稿者 : soulgotti 投稿日時: 2012-06-06 17:47:35 (1798 ヒット)

「ー4=+1(f5)ついに。。。」

 

 紫陽花、冷茶、御素麺。
衣替えも済んで、色々とやりたい季節になりました。

こんにちは、SOULGOTTiです。

さて、先日課外活動の「にっく・じゃが~」のライブを新宿WildSideで行った際、リハ後の時間を利用して、新大久保へ楽器を愛でに、SOULBiRDEと共に行ったわけですが。二人してはしゃぎまくりの良き時間を過ごし、尚且つ、あの癖が顔を出したわけです。


「あの子、連れて行きたい。。。」


とは言うものの、いつの間にやら自分も大人の階段を上って来ている身、そう簡単に「じゃ、そういうことで!」と行けない。数日間モヤモヤしていると、"かなり好みのあの子!"の上を行く"この子!"を日課のデジマチェック中に発見。大人と自分の狭間で数日苦悩の日々を過ごしました(3日間)。そしてある悟りが開けたのです。

「大人なんだから夢は叶えよう!」

そう!大人なんだからっ!!早速、御店に連絡を取って数分後、愛車に飛び乗り、気がつけば横浜新道、第三京浜、環八、首都高三号線、大橋JCを疾走し、当該現場に到着。最近の都内はタバコが吸いづらい中、愛車の後ろで心を整え(愛車は禁煙車なので)いざ「この子」のもとへ。迷路のような建物の奥に突如ベース飾られた小部屋。どこぞの会社役員でもやっていそうな妙齢の男性と、ちょっと癖の有りそうな店員さんが、親しそうに談笑している。「ちょっと覗いてるだけですから」的な態度で足を前にすると、二人の脇に「この子」が。

 

ゴッチ 「こんにちは。。。」

お店の人「いらっしゃませ。。。」
(OH)
ゴッチ 「この子。。。」※初恋中二風

OH  「はい?」

※ゴッチ深く息を吸い、スッと背筋を伸ばす。

ゴッチ 「先程電話したものです。このベース試奏したいんですが!」

OH  「はっ?。。。あぁ。はいはい。もう来たんだ。」

ゴッチ 「はい、来ちゃいました。」

 

それから試奏をし、「この子」は本当にこの子だった事を確認。経済的な問題が依然残るも、すでに心に迷いはなかった。翌日、手元の4子の身を御願いし、ついにこの子が。。。

 

 

 

「ふっ。。。」

 

 

 

 

Fodera Imperial Lincoln Goines 5 Strings Elite

BODY: Solid Koa

NECK: Ebony FB, Ash 34" Elite

PUs: Aero Dual Coil w/ Fodera Custom Preamp (18V)

 

ベースを弾く者、誰もが憧れるエレクトリックベースの最高峰。SOULGOTTiがついに手にっとた訳です!

本来"アーティストモデル"や"シグネイチャーモデル"といった楽器は正直好きじゃない。しかし今回に関しては例外、と言うかこれこそゴッチモデルなのです。

 

「5弦ベース」
道具として使うならという意味で。4弦は今使ってるMTDが最高の出来なので。
オーダーするなら5弦と思っていた。そもそも、フォデラのインペリアルで。

 

「ボディに使われているコア材」
ウクレレも演奏する事もありこの材で作りたかった。

 

「大きめのヘッド」
ローBのために設計されてるらしいが形的にこれで行きたかった。

 

「ネックスケール34インチ」 長いと疲れちゃうから

「ブリッジよりのAEROピックアップ」
もともとミュージックマン弾きで、セレクターを使わないので、オーダーする時は
1ピックアップと思っていた。又、AEROのデュアルコイルならPっぽくするこ
とができるし、何より見た目がかっこいい。

 

「シンプルなコントロール」
結局いつも同じセッティングなので、プリアンプはプリセットしておいてオン・オフ
スイッチだけでいいと思っていた。

 

「HIPSHOTのペグ」
最近このペグがお気に入り。全部これにしたいと思うくらい。あとハードウェアは指紋とか気にならない黒。

 

ただ、一つだけ嬉しい誤算が。ネックがメイプル材じゃなかった事。とはいえ弾いてる時の腰骨に
伝わる振動と握った時の感じはいいからいいです。(アッシュはミュージックマンのボディと一緒だからかな?)

 

とにかく思い描いていたものが中古価格で手に入った。これはラッキーとしか言いようがない。リンカーン・ゴーインズさんが何者かは知らないが、たぶん楽器談義したら花が咲くでしょう。

 

ということで、ついにフォデラを手に入れました。さぁ、ガンガンひきたおすぜっ!
ではまた!

 

[Acoustic Image & BAGEND と Fodera  とSOULGOTTi]

※気合いの長文。。。タイトルの意味は「4本売って1本ゲット(フォデラの5弦)でした。


投稿者 : webteam 投稿日時: 2012-05-15 12:44:01 (1125 ヒット)

「HAVE A FUN TIME」

F.A.D横浜出演:FRIED SOUL / 王様 / A-BAND / スケアクロウズ / The Blind Ketchup / 他

2012年7月29日(日)

F.A.D Yokohama
 

開場:16:00 / 開演:16:30 ■料金:前売り \2,000 / 当日 \2,500

フライドソウルは20:00頃出演します。最後は王様とセッションしま~す!お楽しみに!!


投稿者 : soulbird 投稿日時: 2012-05-15 12:40:21 (1384 ヒット)

出演:FRiED SOUL, HK BAND, ぼん・じゅ~る(as Bon Jovi)

2012年7月21日(土)

LIVE & DINING シュール

開場:18:00 / 開演:19:00

料金:3,500円(ドリンク、フード、チャージ込)

23:00まで飲み放題、食べ放題!フードはビュッフェ形式となっています。グラタン、パスタなど普通に出ますので、飲んで、食べて、見て、楽しんでいってくださいビールは大人らしくプレミアム・モルツとなっています。

HK BANDとは久々のタイバンです


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 11 »
ナビゲーション
バンドについて
PR
RT
メンバーログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

FiREBiRD© 2011-2012 FRIED SOUL