PR
メンバー&スタッフブログ
メンバー&スタッフブログ : シリーズコラム#001
投稿者 : soulgotti 投稿日時: 2012-07-01 02:50:01 (881 ヒット)

シリーズコラム

SOULGOTTiの。。。

「この曲はこう聞け!」

#001「Isn't she lovely~可愛いアイシャ」; Stevie Wonder

 

こんにちは、SOULGOTTiです。 ここらで少し、僕も音楽的な話題をこのサイトにと思いまして。自分の中でベストと 思う作品を中心に、コラムを書こうという訳です。まぁ、できるだけ定期的に書 こうと思っていますので、コメントなんかも色々寄せてくださいね!内容的には、 結構適当な曲のストーリーや、勝手な解釈はあると思いますが、「この曲のここを 聞いてほしい」という思いを汲み取って頂ければといったところです。

 

 さて、今回の題材Stevie Wonderの「Isn't she lovely~可愛いアイシャ」ですが、 この曲はスティービーの娘さんが生まれたときの曲だったと思います。云わずと知 られたR&B、SOULの超名曲です。曲全体のキャッチーにして心地良いメロディとビー ト、そして曲中で印象的なスティービーのハープ(ハーモニカ)は、聞いた人の耳か らスッと入り記憶として何か鮮明な色を残します。当然この曲は商業的にも大ヒット し、今でも様々なメディアで使用、紹介され続けています。しかしながら、メディア でフルコーラス使われることはあまりなく、意外にこの曲の本当の素晴しさ、芸術 性は、なかなか現在の若い世代には伝わっていないかもしれません。

 

#001の今回 は、僕の感じたこの曲の素晴しさを幾つか紹介します。 まず、この曲の作曲においてスティービーは、感情をストレート且つシンプルに表現 しています。歌詞はとても単純で、子供に対する思いを短いセンテンスで組み立てて います。曲の構成も印象的なAメロと少しマイナーになるBメロを繰り返します。曲中には子供と触れ合うシーン等も入ります。クリエイションとしてはとても単純ですが、何の躊躇もなくストレートに作品を表現していますが、そこに彼の子供と奥さんに対する愛情と父 親となった感情が見事に表現されています。 娘と奥さんに対しての愛情は、歌詞で明快に伝わります。そして音が、父親となった 彼の感情を表しています。特にBメロは、盲目である彼の不安や、父親となる覚悟を 表している様に思います。

 

 そして、この曲において、僕が最も重要で素晴しい要素と考えるのがスティービーの ハープです。このハープには彼の言葉にならない思いが、ギュっと詰まっています。 そしてそのハープの音色は曲終盤にこれでもかと言うくらいに、くり返しくり返し流 れます。そしてそのメロディーは軽快で嬉しげでありながら、どこか少し悲しげと言 うか不安げな感じがします。通常の曲構成からすれば、ちょっとしつこいほどにくり 返されるこのハープのメロディーは、この曲中において最も重要で、最も美しい表現 だと僕は思います。なによりも、ここに芸術性を感じるのは、この曲の終わり方が フェードアウトではなく、キッチリと終わるところです。レコーディングに参加した ミュージシャンが彼の思いを汲み取り、その通常より少し長いエンディングをしっか りと仕上げ上げています。

 

 少し大人になってから、車のステレオからこの曲が掛かり、曲が終わったとき、僕は 心地の良い涙を流していました。スティービーの想いが伝わったような、音楽はこう あるべきだと叱られたような。また、数年後、自分も父親となった後、この曲を聴い てもう少し深くこの曲が理解できたような気もします。

 

 想いを載せる。常にそんなことを思いながら、音楽を続けていけたらいいなと思いま す。他にも色々と、お気に入りの曲を紹介していきたいと思います。

 

では、今回はこ のへんで!

Songs in the Key of Life / Stevie Wonder



ナビゲーション
バンドについて
PR
RT
メンバーログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

FiREBiRD© 2011-2012 FRIED SOUL